種類と機能

エアコンの豆知識

200Vのエアコンについて

一般的な家電量販店では単相の100Vと単相の200Vのエアコンが販売されています。
業務用の複相の200Vのエアコンは一般家庭では利用できません。
しかし、単相の200Vのものは簡単な工事で利用することができます。
これは、最近の一般家庭では電力会社から3本の線によって電力供給がされており、1本がベースにつながっています。
通常はこの線ともう1本で100Vの供給を受けていますが、この線以外の2本を接続することで200Vの電力供給を簡単に受けることが可能です。
ほとんどの場合屋内配線は200Vに対応しているためそのまま使えることが多く、200V対応のブレーカーとコンセントの形状を変える工事だけが必要となります。
特に大きな部屋を冷やすためのエアコンは大きな電力を必要とします。
200Vの方が起電圧が高く効率よく運転することができます。
結果的に省電力にもつながるため、電気代を節約することができる可能性があります。
1つの目安ですがエアコンの冷房能力4.0KW程度から200Vの製品が多く販売されています。
また、部屋の適合サイズよりも少し大きめの能力のものを設置することがお勧めです。
最近のエアコンは能力調整に優れています。
フル回転をする時間が少なくて良い分、機械にも負担がかかりにくくなります。

エアコンの種類と空調能力を維持する方法

エアコンの種類には室内機と室外機が一体となったものと別々ものがあります。
一体型のタイプは一般的にその能力も低く、木造住宅では6畳程度の空調能力しかありません。
その反面別々のものは、業務用でも使われるように広いスペースの空調が可能です。
最近のエアコンは、オゾン層の破壊を防ぐため、代替フロンを利用したものも多く、冷媒に可燃性がある場合もあります。
その種類によっては、取り扱いに注意が必要です。
標準工事に利用付随する配管ホースはできる限り延長や切ったりせず、そのまま利用した方が冷媒が逃げにくいためお勧めです。
また、エアコンは定期的なメンテナンスをすることでより空調能力を発揮することができます。
一般の方でも空気の吸い込み口のフィルターを定期的に掃除することはできます。
しかし、エアコンには金属のヒダの部分があり、そこが冷えることで吸い込んだ空気を冷やしています。
その部分は除湿の機能もあり冷房時には水分が大量に発生します。
水はドレンホースから外部に流れますが、カビなどの汚れが溜まりやすく悪臭や空調能力を下げる原因となります。
定期的に洗浄を行うことで、熱交換効率をできる限り低下させないように保つことができます。

おすすめWEBサイト

呼び出しブザー
ISO移行コンサル
サバゲーのセットを探す

最終更新日:2017/7/14

 

Copyright エアコンの豆知識 2015, All Rights Reserved.